本バトン(ミクネタなんだが)

前にも書きましたが、2004年10月から「mixi」に入ってまして。

んで、あっちでも日記を書いてたりします。
っつーか、全然違う内容で書くんで面倒だと
どっちかがオロソカになります(^_^;)。
(ま、たまにコピペで同じエントリしたりもするが)

今月はちょっとミク寄りのあたしですので(笑)
あっちの日記で使えそうなのをこっちに移植しま~す。

ブログでもやってるのかもしれないけども。
ミクではいろんな「バトン」が流行ってます。

今日のもそのひとつ、マイミクさんのとこから勝手にもろて来た
「本バトン」をこっちに移植。(単なるコピペぢゃないか)

————————————————————
ネタがないんで(^_^;)○○サマんところから勝手にバトンもろうてきましてん。
          ↑一応、伏字にしとく(笑)。

ほな行きまっせ~☆

■部屋にある本棚の数
デカイのひとつ&小さいのひとつ、の計2つ。
入りきらない本がベッドの下のダンボール箱にあります。

■今読んでいる本

「旺文社 漢和辞典」
…辞典読むの、好きなんですがなにか?

■最初に買った(読んだ)本

たぶん「日本の民話集」だったと思います。

■最後に買った本

「百億の昼と千億の夜」文庫版 光瀬龍・萩尾望都

2回失くして(人に貸して返ってこなかった(笑))
やっと先日、また買いました。ブックオフで…(笑)
3度目の正直になるか?

■よく読む、また思い入れのある3冊(その理由も)

1.「風の谷のナウシカ」1~7巻 宮崎駿
 特によく読むのが6&7巻。My Bibleその1です。
 最低に落ちた時読むと、細胞から生き返ります。。。
 
2.「モモ」 ミヒャエル・エンデ
 児童文学ですが、非常に哲学的です。
 「はてしない物語」とどっちにしよーかと考えましたが
 「モモ」にしときます(笑)。

3.「妖怪談義」 柳田國男
 民俗学オタクとしては外せない1冊です。
 柳田先生の著書では「遠野物語」が有名ですが、
 「妖怪談義」、相当面白いっすよ。
 …ってゆーか、単なる妖怪好き?>ワタシ(笑)

番外:3冊に絞れません…(^_^;)
   ・「寺田寅彦随筆集」全5巻 小宮豊隆編
    常に手の届くところにあるホンマもんの愛読書。
    特に好きなのは第4巻の「沓掛より」ですかね。
   ・「図解 ユング」 林道義
    これも愛読書ですね~。様々なマンダラが面白い。
    (ってそこかよ?みたいな(笑))

■バトンを渡す5名
…どなたかお持ちになってくださいます?(笑)
デパ地下の試食状態ですんで、お好きにどぞ。

結局だらしなく(笑)5冊(とゆーか、5作品)になってしまったですね。
そんなテキトーなGでした。ほっほっほ。

————————————————————
…みたいな感じっすね(笑)。

けっこう面白いのね、このバトン。
またどっかから拾ってくると思うんで、どなたか試されてみては?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中