副作用。

増やされた薬を飲むと「吐き気」がする…と言ったところ、胃の薬をもらったです。

で。
その薬の効能→消化管の運動を促進させることにより、胸やけ、悪心・嘔吐をやわらげる作用があります。

その薬の副作用→だるい、食欲不振、吐き気、発熱、皮膚や白目が黄色くなるなどの症状に注意してください。

…つか。効能より副作用の方が怖いのは何故…^^;

しかも重大な矛盾点があるではないか。

「嘔吐をやわらげる」はずの薬で「吐き気」…て。

おかしくないんか、コレ!?

飲み始め2週間くらいは我慢せよ、とゆーことなんで…▄█▀█●
元々のびょーきの症状が何なんだかわかんなくなってきたぞ……。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中