ばくしゅう。

今日のタイトルは「麦秋」であって、「爆笑」にあらず。

ども、阿梨っちです。
もう寝ます。←早っ!

寝る前に、今日の昼に見た映画のDVDの話なんぞ。

先日、録画用のHDDをAmazonで頼むついでに、母の好きな原節子さんのDVDを2つ買いました。
その値段、1つ420円ほど。
ううむ、安い。

両方とも小津安二郎監督作品。
「晩春」と「麦秋」…有名どころですわね。

   
なんとゆーか、この独特の雰囲気が私は好きですね。
カメラのローアングルな感じとか、カメラの真正面でカメラ目線でセリフを言うとか。

すごい事件が起こるわけでなく、淡々とした日々を描くという物語も好きです。

「麦秋」は特に、子どもを使うことによって随分とユーモアが織り込まれていて、見ていてかなり笑えます。

日本映画にはこういう素敵な作品があるので、
時間がある時、ココロに余裕が欲しい時なんかにはうってつけかと…w

今日はなんだか客観的な日記になってしまった(笑)。

ま、こーいう日もあるってことで。

おやすみなさひ〜♪(^^)